こんにちは(*・ω・)ノ、ヒロデポです。

今月のWindows Updateを適用後、
IE11(Internet Explorer 11)を開くとタブの位置などの
レイアウトが変更になっているようです。
店頭ではWindows 7と10のPCで確認しました。

変更前
IE11-Septemper02

変更後。ページタブがアドレスバーの下に移動、右上に検索窓が
追加になっています。
IE11-Septemper01

これだけなら「慣れれば何とかなるかな?」という感じですが、
普段「メニューバー」や「お気に入りバー」を表示させている環境だと
縦に1行分長くなりページの表示が狭くなる、タブや各メニューが
クリックしにくいなどわりと不便です(個人の感想です)。
IE11-Septemper03

というわけで、レイアウトを元に戻してみます。
まずタブの右側にある何もない部分を
右クリックしてメニューを開きます。
IE11-Septemper04

メニューが開いたら一番下の「別の行にタブを表示(H)」を選択しクリック、
チェックを外します。
IE11-Septemper05

これで元のレイアウト(変更前)に戻るはずです。
再度新しいレイアウト(変更後)にしたい場合は同じ手順で
「別の行にタブを表示(H)」にチェックを入れればOKです。

変更が反映にならない場合は「別の行に~」のチェックを入れる→
外すを何度か繰り返してみて下さい(。・ω・)ノ゙。

3連休限定セールは今日が最終日!

3連休セールイベント-PCパーツ
3連休セールイベント-ゲーミング