こんにちは(*・ω・)ノ、ヒロデポです。

マイクロソフトの公式サイトからWindows 10のインストール・メディアを
USBメモリで作成しておくとクリーンインストール、またはトラブル
シューティングの際に起動時間を短縮化できて便利です。
article_01

しかし表題の通り、2010~2012年頃に発売されたNECのVALUESTAR、
Lavie、VersaProの中には標準でUSBメモリからのブートができない
機種があります。

対処方法は以下の通りです。
1.電源投入後、NECのロゴ画面が表示されている間に
「F2」キーを何度か押してBIOS画面に入ります。
DSC_0520_R

2.BIOS画面が表示されたらカーソルの「→」キーで「詳細
(英語表記ではAdvanced)」
のタブに合わせます。

3.メニューの中にある「USBレガシー機能(USB Legacy Support):
[FD/CD]」
という項目にカーソルを合わせ、ENTERキーで
「使用する(Enabled)」に変更します。
DSC_0521_R

4.変更完了後に「F10」キーを押し、「はい」を選択して
ENTERキーを押し、システムを再起動します。
DSC_0524_R

5.再度NECのロゴ画面が表示されている間に「F2」キーを
何度か押してBIOS画面に入ります。

6.カーソルの「→」キーで「起動(Boot)」のタブに
合わせます。

7.ブートデバイスの順番を変更します。「F5」「F6」キー
(機種によってはカーソル+ENTERキー)で「USB Memory」
または「USB HDD」を一番上に移動します。
DSC_0525_R


DSC_0527_R

8.4と同じ手順で「F10」キー、「はい」を選択し、
再起動します。

以上でUSBメモリから起動し、Windows 10のインストールメニュー
画面が表示されれば成功です。

なおこの状態でクリーンインストールを行うと、インストール完了後に
再起動→インストールメニュー起動のループで初期設定画面に
進まない時があります。その場合は再起動のタイミングでBIOS画面に
入り、USBメモリのブートの順番をHDD(SSD)より下に移動してみて下さい。


LINEでパワーデポ弘前店とお友だちになろう!

LINE限定タイムセールやクーポンなどを配信中!





LINEでブログ更新通知が受け取れます!

読者になる