win11
10月5日(日本時間10月6日)にリリース予定のWindows11ですが、以前記事にしました通り、システム要件が厳しめになっています。



システム要件について若干わかりづらい部分がありましたが、このたび簡単にチェックできるツール「PC正常性チェックアプリ」が一般向けにも公開されました。
Windows 11の製品ページ下の方の「互換性の確認」の項目、「PC正常性チェックアプリのダウンロード」から入手できます。
checktool

1.ダウンロードしたファイルを実行しインストールするとデスクトップ上に下記アイコンが出てきます。

checktool2

2.アイコンをダブルクリックし起動します。

checktool3

3.「今すぐチェック」をクリックします。

checktool4

今回テストしたPCでは、CPUがサポートされていないという結果が表示されています。「セキュアブート」「TPM2.0」については設定次第で解決できることもありますが、CPUは交換が必要になるかもしれません。

このように簡単にWindows11に対応可能か確認できますので、気になった方はお試しください。
もしシステム要件を満たしていないと表示されてしまった場合はパワーデポにご相談ください。
ちなみにWindows10については、2025年10月14日までサポートされる予定ですので、急いでWindows11にアップグレードする必要はありません。